www.goawaywinter.com

読書をするのが好きで、よく本を購入して読んでいます。あまりジャンルを問わない方ですが、一番読むのは小説ですね。特に恋愛小説が多いです、小説の中に没頭するというよりは、自分の生活とリンクさせて、共感を得たいという気持ちの方が強いので、本選びはそれを基準にしています。好きな作家は、大崎善生、島本理生、森鴎外です。時代がバラバラです。それぞれの作家さんの、小説で一番良かったのは、大崎善生さんは「ディスカスの飼い方」これは、大人の儚さが共感出来て良かったです。島本理生さんは「ナラタージュ」です、これは初恋の淡い感じを引きずりながら大人になるのが良かったです、森鴎外さんは「雁」です、これはタイミング論、偶然と必然を考えられる作品なので面白いなと思いました。これらは、自分で探してきたものもあれば、友人に勧められたのもあります。読書をするにあたり、一番大切なのは食わず嫌いをしないことです、自分が苦手だと思う作品も最後まで読み続けることです。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.goawaywinter.com All Rights Reserved.