www.goawaywinter.com

自己破産申立てを行ったとしても公的な機関などから近親者に直に連絡がいくということはあり得ません。よって近親者に秘密が明らかになってしまわないように自己破産というものが可能だとも考えられます。ただし、実際のところ、自己破産の手続きを行う時に役所から一緒に住む親族の所得を証明する書類や銀行の通帳の写し等といった資料の提供を要求されるといったことがありますし、消費者ローンから家族へ連絡がいくといったこともままありますから親族に知れ渡らないように自己破産行うことができるという100%の確証はまずないといえるのです。敢えてわからないようにして後に知られてしまうことに比較すると、はじめから誠実に本当のことを打ち明けて全員が協力し合って自己破産の申告をする方が望ましいでしょう。なお住む場所の異なる家族ならば、自己破産申立てをしたのが知られてしまうといったことはほとんど不安に思う必要はないと理解してください。妻(夫)が負う責任をなくすことを目的として離婚届の提出を計画する早まった夫婦もいらっしゃるようですが、そもそも、夫婦同士だとしても法律的には自分が連帯保証人になっていないならば法的な強制力は発生しないのです。ですが、書類上の連帯保証人という立場である場合は離縁することを行っても法律上の責務に関しては残存してしまいますから支払に対する強制力があると考えられます。つまり、離婚を実行したとしても借金の支払義務が消失するようなことはあり得ないのです。さらにはたまに消費者ローンが破産者の家族や親族に支払いの催促をすることもありますが連帯保証人ないしは保証人になっていない場合であれば子と親の間・妹と姉などという類いの家庭間の返済義務などについて他の家族や親類に民法において支払い義務はあり得ません。まず、借りた会社が法的な支払義務背負っていない家族の人などに対して支払いの請求をすることは貸金業の規制法についての政府機関の運営規則内で禁じられており支払請求のしかたによりますが貸金業を規制する法律の支払いにおける催促の基準にたがうこともあります。ですから、支払い義務を持っていないにもかかわらず債務を負った人の家庭が支払いの督促を受けてしまったならば、借りたところに取立てを直ちに止めるよう通告する内容証明郵便を出すのがよいでしょう。往々にして債務をもつ人当人の事がとても可愛そうだからと思ってしまったために借り主以外の親族が代理で請け負って支払うという話もありますが借入者本人が依存して持続的に多重債務のトラブルを蒸し返すことが少なくありません。したがって借入者本人の立場において考慮したら厳しいようですが借金を持つ本人手で債務を返済させるかそれが不可能ならば自己破産の申立をさせる方が債務者本人の健全な社会生活のためになると言えます。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.goawaywinter.com All Rights Reserved.